19世紀~20世紀のフランスのガラス工芸家「ルネ・ラリック」のオリジナル作品を、美術館アトリウムホールで展示しています。

半透明・乳白色が特徴のオパルセント・グラスを素材とした作品は、光の角度で色合いが変化します。
太陽が差し込むアトリウムホールでは、時間帯によって異なる色に輝くガラス作品をお楽しみいただけます。

  1. Information

  2. Miniature Countryside

    山崎正裕陶芸展示『ヨーロッパの田舎』

  3. Advent Dinosaurs

    キャンパスから庭園に恐竜出現

  4. René Lalique Glass Gallery

    ガラス工芸家「ルネ・ラリック」の作品をアトリウムホールで展示しています。

  5. Mind image of Makiko Kawashima

    ディマシオ美術館2階展示室・河島真規子の心象世界

  6. Sculpture Garden

    来館者をお出迎えする彫刻庭園

  7. Restaurant

    ミュージアムサロン

PAGE TOP