館内施設 facilities

ガラスの美術館

2018年3月に新規オープンしたガラスの美術館では、
ガラス芸術の巨匠ルネ・ラリックの作品と、壹谷旭の作品が展示されています。

廃校のプールをガラス張りの美術館に

ガラスの美術館は、鉄骨ビニール張りの屋根があるプールをリノベーションして建設されました。

太陽の森ディマシオ美術館は、もともと廃校となった旧・太陽小学校が生まれ変わったものですが、そのプール設備についても残った鉄骨を使い周囲をガラス張りにすることで、自然採光に映えるガラス作品が展示できると考えられ、オープンに至りました。

全面ガラス張りの窓から入り込む朝日と夕日の光に、展示されているガラス作品は多彩な輝きを魅せてくれます。館内はもちろん、外に設けた遊歩道からも閲覧でき、自然との一体感も感じることが出来ます。

開館時間については、太陽の森ディマシオ美術館と同一です。
優美なデザインで幻想的な光を放つ飾り鉢や花瓶、置物などをお楽しみください。

ガラスの美術館展示作家

  • ルネ・ラリック

    ガラス芸術の巨匠。工芸を芸術に変えた、偉大なるフランスの工芸家。

    詳しくはこちら

  • 壹谷旭

    近代硝子工芸創世期の作家。大胆で優美な色使い、高い技術力で硝子工芸の発展に務めた。

    詳しくはこちら