パリにも東京にもない芸術が、新冠町にあるパリにも東京にもない芸術が、新冠町にある世界最大の油彩画と、光と音の演出プログラム
多様なコレクションと広い庭園
・・そして、ここは泊まれる美術館・・・

ディマシオ美術館の魅力ディマシオ美術館の魅力

  • 大自然の中の美術館

    日高の雄大な山々、牧場に囲まれた大自然の中に美術館があります。

  • 世界最大の油彩画

    高さ9m、幅27mに及ぶ圧倒的迫力のこの超大作は、ディマシオ1人の手で3年の月日を経て完成した幻の作品です。

  • 光と音の演出プログラム

    1日7回、世界最大の油彩画会場にて光と音の演出が行われます。神秘的で不思議な空間をご体感いただけます。

  • ディマシオ代表作200点以上

    油彩画、パステル画、デッサン等、ディマシオ代表作200数点を展示しています。

  • ガラスの美術館

    旧太陽小学校のプールを再利用したガラスの美術館。自然採光にこだわった館内でガラス作品をお楽しみください。

  • 美術館の庭園

    各種彫刻がある「彫刻庭園」、眺めの良い「展望広場」、恐竜と写真の撮れる「恐竜の森」と、館外も見どころ沢山です。

  • 廃校を再生した美術館

    2008年に廃校になった旧・太陽小学校を2010年、美術館に再生しオープンいたしました。

  • カフェ&レストラン ATRANTIS

    美術館1F では、パスタをはじめ、軽食などが楽しめるレストラン「アトランティス」が営業中です。

  • 美術館とともに生活する猫

    猫のスタッフが館内の楽しみ方を案内してくれることがあります。

ディマシオ美術館の魅力を詳しくmore

館内施設

ディマシオ美術館VRマップ まるで実際に行ったみたい!リアリティ溢れる映像でディマシオ美術館をご紹介!ディマシオ美術館VRマップ まるで実際に行ったみたい!リアリティ溢れる映像でディマシオ美術館をご紹介!

コレクション

コレクション

PICK UP

館内施設のご紹介more

  • MEDIA メディア情報 各種メディアに取り上げられました!

Instagram #ディマシオ美術館  であなたの素敵な写真を投稿してね!

 
明日(6/16)は父の日
この写真は当館所蔵、山﨑正裕のミニチュア陶芸作品です。ヨーロッパの村の日常の風景を表現しています。作品の中には「父と娘」らしき姿もありますね。
 当館では明日まで、親子で来館された方のお父様にちょっとしたプレゼントを差し上げています。
この作品のようにご家族でのんびり「太陽の森 ディマシオ美術館」にぜひお越しください。
#ディマシオ美術館 
#父の日 
#art 
#museum 
#陶芸
今週の当館はお父さん特典ウィーク(6/13-16)

6月16日(日)は父の日です。ご来館いただいた「お父様」にささやかで小さなプレゼントをご用意しております。
親子でご来場いただいた場合の「お父様」に当館の限定オリジナルグッズをお持ち帰りいただきます。
受付にて親子来館のお父様であるとお声かけください。
オリジナルグッズは、猫副館長のクリアファイルなど。受付にて内容をご確認ください。
ご家族でのご来館の皆様に、楽しかった時間をお持ち帰りいただけたら幸いです。
#ディマシオ美術館 
#父の日 
#art
#museum
#hokkaido
6月10日は時の記念日。「時間」について関心を持つ日です。ジェラール・ディマシオが描くのは「未来における過去のイメージ、1万年後の未来を2万年後の人間になったつもりで追想した世界」。ディマシオにとっての「時間」は表現の根幹にあるもののようです。「時間体験」をディマシオ美術館でお楽しみください。
#ディマシオ美術館 
#世界最大の油彩画 
#時の記念日 
#art 
#museum
6月から展示をはじめているルネ・ラリック作品をケースをつける前に撮影しました。 作品名アヴァロン。
今回展示が始まった40点はカラーの作品が多く含まれています。 モノトーンのディマシオの作品と、彩色のルネ・ラリックはお互いに美しさを高め合っているように見えます。
#ディマシオ美術館
#ルネラリック  
#renelalique  
#art  
#museum
展示ケースをつける前この花瓶は「やどりぎ」という作品名。
「やどりぎ」はヨーロッパでは生命の源の象徴とされているそうです。ディマシオの作品を背景にルネ・ラリックの作品を鑑賞できるのは当館だけ。どちらも個性的な作品なのに、この美術館に入ると空間に調和していきます。
#ディマシオ美術館 
#ルネラリック 
#renelalique 
#art 
#museum

太陽の森ディマシオ美術館は、北海道日高の豊かな自然の中にある、新冠町(にいかっぷ)の美術館です。
    デジタルテクノロジーとアートとが共生する「パリにも東京にもない」当美術館には、Gérard Di-Maccio(ジェラール・ディマシオ)の世界最大の油彩画始め、Rene Lalique(ルネラリック)のガラス芸術品、河島真規子、山崎正裕、壹谷旭、m.yam、熊谷守一等、様々な作品の展示が行われています。
美術館外にはSeward Johnson(スワード・ジョンソン)の彫刻を筆頭に各種彫刻や恐竜の森、眺めの良い展望広場など、見どころも盛りだくさん。
また、札幌から車で2時間弱の新冠町は、ハイセイコー、トウカイテイオー、ナリタブライアンなどの競走馬でも有名な観光地です。新冠観光にお越しの際はディマシオ美術館とあわせて、乗馬を楽しんだり、春には道央エリアの中でも有名な二十間道路静内の桜並木も一緒に是非、お楽しみください。
館内、作品は全て撮影OK!過去にはコスプレイベントや結婚式、コンサートなどを開催したこともあるディマシオ美術館は、皆様の楽しい企画も大歓迎です。
新しい形の美術館を目指し、今後も進化し続けて参ります。皆様のご来館をスタッフ&猫一同、心よりお待ちしております。